生活習慣病の増加と趣味とは

日本人の三大死因はガン、脳卒中、心臓病となっており、最近ではこれらの原因でもある高血圧や高脂血症、糖尿病などの患者も増加してきています。 これらは加齢や遺伝的な要因だけではなく、乱れた食生活や運動不足、過度の飲酒、喫煙、ストレスなどの生活習慣も大きく関わっていることが分かっています。そこで患者数の増加しているこれらの病気を 生活習慣病 と呼ぶようになりました。患者数の増加している生活習慣病を予防したいという場合、食生活のみでなく心と身体の健康にも気を配りましょう。肥満はインスリンの働きを悪くしたり、動脈硬化を引き起こしたりして生活習慣病の原因となってしまいます。早食いや何かをしながら食べることは食べ過ぎの元になり、肥満に繋がってしまうので注意しましょう。食事はゆっくり味わって食べることが大切であり、食事の時間や量も気をつける必要があります。野菜や海藻には食物繊維が包皮に含まれているのですが、食物繊維には糖質や脂肪の吸収を遅らせる効果や、満腹感を持続させる効果があります。また、血液中のコレステロールを低下させる働きもありますし、ビタミンやミネラルも多く含まれているため、がんや動脈硬化を防ぐ効果が期待できます。外食や加工食品に含まれている塩分は気づかないうちに多く摂っていることがあります。そこで練り製品やお総菜などの調理食品は食べ過ぎないようにしましょう。ストレスを溜めないためには気分転換をしたり、趣味の時間を楽しむなどのことが大切です。趣味がないという場合は軽い運動を行うというのも良いでしょう。ストレスの改善と趣味について知りたいという場合、インターネットで調べてみるのがおすすめです。